2009年12月15日火曜日

雪の肘折


とうとうやってきましたこの季節。

昨日から降り続いた雪でやっと肘折らしい景色となりました。

今年は本当に雪が降らず、なんと今朝まで朝市が出ていました。

「ゆぎおっかねくていがんねはぁ」というお電話もいただきつつも…

めげずにこの冬も乗り切ります!

2009年10月28日水曜日

秋の地蔵倉


地蔵倉は、肘折温泉の開湯伝説にある、湯を発見した老僧が住んだとされる場所です。

この時期ここから眺める紅葉が絶景なのです。

温泉街から歩いても行けますが、道路脇の登り口まで車で行くと片道約20分です。

機会がありましたら、是非ご覧いただきたい肘折の名所の一つです。

2009年10月24日土曜日

おばあちゃん

去る10月9日、六助大女将でもある私の祖母が他界しました。
大変忙しい時期にも関わらず多くの方にご協力頂き、14日に葬儀も無事終了いたしました。
お客様や、親戚の方々からも私の知らない祖母の話を沢山伺うことができました。
お世話になりました皆様、本当にありがとうございました。

2009年9月17日木曜日

無為自然

お客様に本を数冊いただきました。そのうちの一冊「奇跡のリンゴ」。

リンゴ農家の方のお話です。

自分が小さい畑を作っていたこともあり、

教科書でも読むかのように、読み進めていきました。

まあ、ウチの畑は単なる私の趣味ですし、ちょっとこの方の真似をしてみよう。

2,3週間後…

いい加減、畑が周りの雑草と一体化してきたので、

やっぱりマズかったかと反省しながら草むしりをします。

すると、とんでもないところから、植えた覚えのないシソが生えてる!いい香り!

これって奇跡…か。

2009年9月9日水曜日

秋をスケッチ!

第二回目スケッチ講座に参加しました。

先生である松澤さんにお願いして、アクリル絵の具を使わせてもらいました。

今日は「ほおずき」を書いてみます。

先に黒で、全体を書きます。乾いた後、赤、黄を微妙に混ぜながら、染めていきます。


前回同様、ひと筆描くごとにあーっ、と思いながらも先生の励ましのもと何とか完成。

その脇で、もう一人の先生、松浦さんが色鉛筆でササササッと

完全な「ほおずき」を完成させました…。

2009年9月8日火曜日

ちょっとそこまで


肘折温泉から車で5分程、鍵金野にある早坂農園まで大根を買いに行きました。

何箇所かそば畑があり、白い花が満開でした!

ここにそば畑があるとは知らなかったな。

本当にいい景色。風が心地良い。

みずみずしくておいしそうな大根も買いました。その帰り道…

面白そうな脇道発見。

昔、通ったことあるような、ないような。

軽自動車一台ぎりぎりの小道を進みます。




少し進むと、右手には肘折鉱山跡…

もう少し進むと、今神温泉入口…

一人で来るにはちょっと勇気のいる雰囲気です。

そこから先は下り道。結局カルデラ温泉館の手前に抜けました。

昔は、今神温泉まで、品物を売りに行くのにこの道はよく使われたそうです。

とにかく道は狭いけど、きれいに舗装されています。

熊さえ絶対出なければ、

温泉街出発⇒カルデラ温泉館着(約1時間半)のいいウォーキングコースなんだけど。

2009年8月29日土曜日

肘折スケッチ!


昨日の午後、温泉街へスケッチに出かけました。

というのも、芸工大の若い講師の方から無料でご指導いただける企画があったのです。

27日から30日まで、旧郵便局舎内にて、午前の部、午後の部あり。


こんなチャンスはないと思い女将、午前の部に引き続き妹も参加しました。

先生はお二人、松浦先生と松澤先生です。

まずは先生方の書く様子を見学。

サラッサラッと書きますねぇ。うまくないはずがない!10分程で完成。

見ていて自分もなんとなく書けそうな気分になってきたので、

その勢いのままに近くの木を書きます。


あ~、完全に平面。書き足す程、薄っぺらさ際立つ。

そこで、先生に教えて頂き手を加えていくと、若干奥行きが出て、立体的になりました。


時間を忘れてじっくり何かに取り組むっていいですね。

いい経験させて頂きました。松浦先生、松澤先生ありがとうございました!

2009年8月20日木曜日

湯座神社奉納角力大会


昨年度肘折小中学校の閉校に伴い、子供達も参加しての相撲大会は

どうなるのだろうか、と思われましたが、無事開催されました!

子供たちも真剣に戦い抜き、満足げです。


続いて、大人の部。

凄まじい気迫が、見ている側にも伝わってきます。

温泉街に響き渡る、肌と肌のぶつかる音、そして歓声。


私自身も子供の頃参加していましたが、この頃になると、

肘折にも秋の気配が感じられ、ちょっと寂しい気分になるものでした。

そして、本日午後3時からは神社前にてビアガーデン!夜7時からはのど自慢大会です!

これにて肘折夏祭り終了です。

2009年8月16日日曜日

仮装盆踊り大会

肘折の盆踊りは、「仮装」だけに、毎年かなり個性的な方々が集まります。

踊るために宿泊なさる方もいらっしゃいます。


夜9時まで踊り続けました。お客様、地元住民、皆が一つになって盛り上がりました。

こちらが、最優秀賞の方々の写真です。同級生のチームだそうです。

頭に灯籠をかぶるっていうのも衝撃的でしたが、なんと明かりまで付くのです!

息子達はずうずうしくも最優秀賞まで、自分が呼ばれるかも!と期待していたようですが、

地味なはっぴ姿じゃあ選ばれるはずもなく…

賞を取った方々を見つめるその横顔には来年への決意が漲ります。

でもへとへと。

2009年8月12日水曜日

畑にトマトを採りに行くと、自転車で追い掛けてきた息子が

畑わきの住宅に恐ろしいものを見つけました。

「あっ蜂の巣だ!」

こぶし大の巣に、十数匹ほど群がっています。

無視しておけばいいんだよ、とは言ったものの、きっと増えていくだろうし…。

一応、その旨、女将に報告しておきました。

女将、退治してきました。

夜は蜂が皆巣に戻って、動きも鈍るから、

そこを見計らって殺虫剤をシューっと、とにかくかけた、そうです。

蜂には申し訳ないけど。

2009年8月3日月曜日

キャンプin中庭


サバイバル経験豊富?な私の妹に洗脳された息子達が

中庭でキャンプをすると騒いでおります。

使い古しのマットレスを2畳弱のテント内に敷き詰めました。

もう大興奮で夜が待ち切れない様子。

しかし、いくら中庭といっても心配ですし、困ったことになったと思っていたら、

「大雨警報でてるよ」の知らせが。


がっくり首をうなだれて、泣きながら家に入る息子…


とりあえず雨になる前に、バーベキューっぽいことをしようと、

ガスコンロで、ポップコーンを作り、

なぜかちくわとみりん干しを焼き、

スイカを食べ、どうやら機嫌も直った様子です。

「また明日やるー!!」と決意も新たにしたようです…

2009年7月18日土曜日

羽賀だんご店


肘折ダムの脇にあります羽賀だんご店。

昔からこちらのまめ団子の大ファンです。

素材の味を邪魔しない絶妙な甘さで、息子達も大好きです。

おしながきは「まめだんご」となっていますが、ぬた、ずんだ、ともいいますよね。


団子は、1本90円、1パック5本入り450円。

他にもあんこ、しょうゆ、ごまがあり、餅類には、くるみ、納豆もあります。

2009年7月16日木曜日

畑の恵み


ミニトマトは、赤くなれば目立ちますが、青ければ視野に入ってきません。

でもちょっとかき分けたら、こんなにザクザクなっていました。

そして甘い!

ここ数日は、ほぼ毎日収穫があります。

きゅうりは、味噌やマヨネーズを付けると、子供たちのいいおやつ。

ピーマンも甘いので、生でバリっといけちゃいます。

物凄く健康的な生活です。心身ともに。

2009年7月13日月曜日

前夜祭


地蔵倉から白装束の方々が下りてきました。

明日は肘折温泉開湯の日です。今日は前夜祭。

そして、今年度の灯籠もお披露目です。

昨日、芸工大の学生さんと灯籠の設置作業を行いました。

今回も素晴らしい作品ばかり。いい味出してます。

2009年7月5日日曜日

初収穫


数日振りに畑へ行くと

トマトは赤くなり、キュウリは、不気味な大きさにまで成長。

確か、最初に実った野菜は、畑を荒らされないように川の河童に供える

と聞いていたので、もったいないと思いつつも、

「召し上がれっ!」とキュウリを一本銅山川へと放りこみました。


念願のバジルが数枚と、ピーマン、トマト、ナスも採れました。

農薬は使っていないのでそのままでも食べられそうですが、

虫が這った跡があるので、ちゃんと洗わないと。

今日の昼食はそれらを使ったピザ。これはおいしい!感動です。

2009年7月4日土曜日

シンガポールから


妹の友人がはるばるシンガポールから遊びに来てくれました!

今回で肘折は7回目だそう。

昨年の冬も、コロンビア人、デンマーク人の男女が泊まりに来たり、

国際色豊かなうちの旅館。

といっても、外国語を話せるのは妹しかおらず、妹の滞在中限定です。

過去に何度も英会話くらいは、と思い本など買ってみましたが、

1ヶ月過ぎた頃には本棚にきっちり片付いています…。



今日は私が仕事をしている間、彼らは息子2人を連れ、祓川へ冒険に行きました。

祓川は銅山川の上流です。温泉街から歩いて2、30分でしょうか。

持ち物は、着替え一式、マッチ、段ボール、鎌、さつま芋、ウインナー。

えっ鎌?!

実は昨日、彼らは、息子達を楽しませるために、祓川まで下見に行ったとのこと。

たどり着くまでのルートの一部が、藪だったそうです。


川遊びしたり、焼きいもしたり、皆かなり楽しんだようです。

息子達にとって彼は大大大親友なので、

お別れのときは涙を浮かべてしょんぼり。

また会えるのを楽しみにしてるよ!それまでに私も英会話を…。

2009年6月29日月曜日

旧局舎展



11/15までの毎週日曜日、旧肘折郵便局舎にて、

夏のイベント「ひじおりの灯」の灯籠絵を展示しております。

味わい深い素敵な作品ばかりです。

局舎の奥まで入れますので、

雰囲気のある局舎とのコラボもお楽しみ下さい。

時間は日曜10時から4時までです。

2009年6月24日水曜日

井戸端会議


最近は女性同志で又は女性お一人でというお客様が多いようで、

8割以上が女性なんて日もあります。

そんなとき、ロビーでの会話を聞いていると、

すごくおもしろい。

「うちの息子は…」「うちの人が…」「今の男の人は…」

周りの男性陣の話題でに大いに盛り上がっております。

ときどき、嫁姑問題、独り身になったら、のレクチャーが入り、

「そうよねー」「そーなのー」と、話は尽きません。


皆さんお風呂で顔を合わせる程度の初対面の方ばかりですが、

やっぱりこの湯治場の雰囲気がそうさせるのか。

また来年この時期に来ましょ!と約束なさっていました。

なんかいいなぁ。私も旅がしたい!

2009年6月19日金曜日

衝動買い


私は仕事上、毎朝お客様のお名前を看板に書きます。

決して上手ではありませんが、心をこめて書いています。


そこで、必要不可欠なのが「筆」。

私は高校時代書道部でしたので、筆の毛質などで、

様々な種類があることくらいは知っています。

今使っているのは、二千円の大筆。

まだ使えましたが、偶然、昔お世話になった書道用具店を見つけ、

懐かしくて入ってしまいました。


ディスプレイされた筆、筆、筆。そこで見つけた大きめの1本。

欲しい…。

思わず手に取ると、また値段がすごい。

でも諦めきれず、値段も大きさもぐっと下げて、結局買いました。


筆には名前が付いています。その名も「神技」。

うまく書けそうです。

2009年6月17日水曜日

いつも誰かが


畑の草むしりに行くと、ほぼ毎回何かが変わっています。

どうやら誰かが手を掛けてくれているようです。


畑の周りの雑草が刈られている。

苗の根元にわらが敷かれている。


わらを敷くと、保温効果があり、雑草も生えにくくなるそうです。

そのお陰で、もうトマトに実が付いています。


そして、畑の端にはコスモスが植えられていました。

お隣の小屋パーマさんからです。


いつも作業をしていると、そこを通る方からアドバイスがもらえ、

その通りにすると、明らかに苗の成長も変わります。

それがまた楽しい。

2009年6月2日火曜日

お稲荷さん


毎月1日はお稲荷さんにお参りに行く日です。

お稲荷さんは肘折トンネルの脇にあります。

ここ数年は私が行っていますが、昔は旅館の番頭さんが行ったそうです。

持ち物は、油揚げ、お酒、マッチ、ろうそく、お賽銭。


車で行くことが多いのですが、今回は歩いて行きます。


トンネルに向かって左が広場になっており、その手前から奥へ。

初めて見た時は少々怖かったのですが、とても幻想的な場所です。

ここからは肘折温泉が一望でき、いつも見守って頂いていると感じます。


さて、その帰り道、湯座神社に通じる、散策路を下りました。

今回は分かれ道を右へ。

初めて歩きましたが、とても素敵な小道です。

最後の雪


以前ブログでもご紹介致しました、

肘折いでゆ館前に突如出現し、

クッキーとなり、お店にまで並ぶようになった有名人「おおくら君」

の今…

とけだした水は小川となり、銅山川へと続いています。

しかし、ちょっと夢がないでしょうか。

2009年5月30日土曜日

小松淵



肘折いでゆ館のそばに小松淵があります。

確かにすばらしい渓谷なのですが、

何に魅きつけられるのか改めて眺めていると、

…音…

銅山川の流れ 蛙 野鳥 

そして神秘的な風景

いつのまにか違う世界に足を踏み入れてしまいそうな

そんな雰囲気がここにはあります。

小松淵には大蛇の伝説があり、

そばにある小高い岩山を7回り半するほどの大きさだったとか。


その岩山に登ります。


さて、登ってみますと、手すりのついた階段ですので、危険はありませんが、

急です。特に下りはご注意ください。


上には観音様がまつられています。

この神秘的な雰囲気を味わいたい方は、お立ち寄り下さい。

2009年5月26日火曜日

お陰様で

肘折温泉で唯一の美容室、こや美容室。


漬物や、お菓子が並び、お茶、コーヒーまで頂けるという、

なんともアットホームで、居心地のいい空間。

そして、気さくで明るい小屋さん。

女将が美容室に行くのが一つの楽しみ、と言うのも頷けます。

地元の方はもちろん、滞在中必ずこちらで髪をセットするお客様もいるほどです。


私の畑はお店の隣。実は小屋さんが畑の先生です。

分からないことがあると、すぐ聞きに行きます。

昨年も随分手直しをして頂き、初めてのキュウリも大成功。

いつもありがとうございます。


今日やっと、ナスなど4種の苗を植えました。

空いている所にはバジルと昨年は失敗したカボチャを植えようかな。

うまくいきますように…

2009年5月24日日曜日

タンポポ畑

先週から本格的に始めた畑。

今日こそは苗を植えようと、

昨日、田植え手伝いの帰り、きゅうり、ミニトマト、ピーマン、なすなど、

20~30センチに成長した苗を買ってきました。

畑に到着。あれっここはタンポポ畑?

また一から耕し、今回はしっかりうねをつくりました。

やはり、毎日手をかけないとだめですね。

2009年5月23日土曜日

田植え体験

六助旅館でお出ししているご飯は、親戚の加藤家の皆様が手塩にかけたお米100%。

今日は田植えの日。子供達を連れて参加しました。


ここは舟形町堀内。

見事な田園風景と、すぐ脇を滔々と流れる最上川。迫力のある雄大な景色です。


子供達はやる気満々で、手に苗を持ちスタンバイOK。伯父の指示待ちです。

もちろん大半はトラクターで植え付けていきますが、田んぼの角は手作業です。

総勢7名。ベテランの方々が、効率よく作業を進めていきます。


「ほら、やってみろ」「よっしゃー!」

子供達は裸足で、私は長靴で入ります。

あれっ長靴が抜けない!動けない!田んぼのぬかるみを甘く見ていました。


そこで、ぬかるみから長靴を抜くコツ。

かかとだけグッと上げる、それだけ。すると嘘のようにスルッと抜けるのです。


子供達も初めは一つ一つ丁寧に作業していました。

しかし途中、泥遊びからケンカに発展し、昼食の時間になったこともあり、

早々に引きあげることになりました。

顔にも泥、耳にも泥、カメラにまで泥。


多少邪魔になりながらも、ほんの少しでしたが、いい経験させて頂きました。

特に子供達は、もっとやりたかったー!!と騒いでおります。

本当にありがとうございました。



スタンバイ中長男がカエルを捕まえてきました。

意外とかわいいですね。

そして、やっぱりいた、ヘビ。

何かを飲み込んだ直後で、その姿が、

幻の生物“つちのこ”の様。

見てはいけないものを見た気分です。

2009年5月19日火曜日

湯治のお客様③

横須賀からいらしたお客様。中学校1年生のひこ孫がいらっしゃいます。

17歳頃まで、鶴岡で暮らしていたそうです。

初めて肘折にいらしたのは、昭和30年頃。その頃は旅館前に客引きがいたらしい。

予約なしで来る方が多かったので、「六助へどうぞ―」という感じで、

お客さんを取り合ったんですね。


Q1どういうきっかけで肘折温泉に

 効能をを調べて温泉地を回っているんだよ。私は胃腸が弱かったから。
 あとは料金。高いお金だせば、いくらでもいい部屋に泊まれるけど、
 今回は十数泊するから、せいぜい一万円以下だね。

今回肘折に来る前は、花巻温泉にご滞在。

一週間も同じ所にいると飽きるので、1か所、3、4泊だそうです。

今日は肘折最終日の4泊目。


Q2肘折での過ごし方は

 テレビと、新聞。
 夜9時に寝て、朝4時に起きる。
 
 朝早くからさ、あれがやってんだよ。ごまの健康食品とか、
 青汁とか。おれは、通信販売が大嫌いで、そのCM流れると 
 チャンネルをぱっぱっと変えるんだよ。だもんで、あんまりカチカチやるから 
 リモコンが壊れるんだ…(リモコンの話)…

 食事は朝と夜さえしっかり食べればいい。昼は、パンと、甘い煎餅、牛乳。
 あとは、1日1個ハッカ飴。
 テレビばっかり見て、あんまり動かないんだから、そんなに食べなくてもいいんだよ。
 これで十分。

何を聞いてもきっぱり答えてくださいます。


2時間以上おしゃべりしていたのですが、久しぶりに、大笑いしてしまいました。だって、

 ブログにのせていいものか、昔のお手洗い事情。

 原因不明の足の痛みで湯治中、行方不明!

 一人で旅行している理由。

 ホットケーキの粉10キロ!?

どうですか?聞きたくなりませんか?


若い時は、大変なご苦労をされたようです。しかし、今は、沢山の家族に囲まれて、

奥様もご自分も大変元気でらして本当にお幸せそう。

私もお話しさせて頂いて、とても幸せな気分になったのでした。

明日は筍沢温泉にご宿泊だそうです。どうぞお気をつけて<(_ _)>

2009年5月18日月曜日

ネコノヒタイ

数年前から畑を作っています。猫の額ほどの小さいものですが、毎年豊作です。

3週間前に一度、雪解けあとを耕しておきました。

雑草も根っこごと耕すと、枯れると聞いていたので、もう雑草もないだろうし、

うねを作ろう!とはりきって行くと、

うそっ!雑草だらけ…がっくり

はい。鍬を片手にもう一度耕します。次男もがむしゃらに草をむしってくれました。

こ、腰が痛い。

今日はこれで終わりにしたいと思います。

2009年5月16日土曜日

ひじおりの灯2009

16日より2泊3日で東北芸術工科大学の学生さん41名が

肘折温泉の各旅館に1~2名ずつ宿泊されました。


今年も開催されます、「ひじおりの灯」。

灯籠に描く絵の構想を住民との交流を通して練るわけです。


うちの女将はりきっています…


自分の娘たちよりずっとずっと若い男子学生。

夜7時半から取材が始り、なんと10時半頃終了。

無理に引き留めたのではないか!?


2日目は、雨模様で寒く、取材も大変だったのではないでしょうか。

本当にお疲れ様でした。今年も楽しみにしています。


当館では、足湯の場所に灯籠を飾ります。

こちらは08年、その下が07年の作品です。素敵ですよね。

2009年5月13日水曜日

映画「湯の里ひじおり」


今月10日に肘折を舞台にしたドキュメンタリー映画

「湯の里ひじおり-学校のある最後の1年」の

完成記念試写会がありました。


息子も最後の1年生として、何度か撮影されていたので、

出てるかもよ!と息子を連れて、出掛けたのでした。


目が離せませんでした。

グッとくる映像や、ばんちゃん達の生き生きした様子。

肘折にながれる時間や、空気がすごく伝わってきます。


きっと何かが心に触れる映画です。

息子の同級生がナレーションを務めています。

その一言一言が、心にしみました。

本当に良かった。DVDの完成が待ち遠しいですね。


上映予定はこちらより